1. トップ
  2. おすすめスポット

おすすめスポット

日本100名山斜里岳 1547m 車で1時間20分

  • 【知床】

    • 【知床】カムイワッカの滝

      アイヌ語で【神の水】というこの滝は、噴出した温泉水がカムイワッカ川に流れ込み滝壺が天然露天風呂となっています。
      2005年7月14日に世界遺産に登録された知床半島のほぼ中央にある活火山である硫黄山を源流とする温泉の川にいくつもの滝が連続し、それぞれの滝壺が野趣溢れる天然の露天風呂となっており、野湯とも表現される。
      設備などのない豪快な秘湯で、水着着用で行くのがベター。
      現在、落石の危険があるため「一の滝」までの立ち入りとなり、水温が低いため入浴不可。
      知床林道は補修工事のため一般車両の通行は禁止だが、夏期はカムイワッカまでのシャトルバスが運行予定。

      【交通のご案内】
      JR知床斜里駅→斜里バス知床ウトロ温泉行きで55分、終点下車、斜里バス知床五湖行きに乗り換えて10分、
      バス停:知床自然センター前下車、シャトルバスに乗り換えて50分、
      バス停:カムイワッカ湯の滝下車、徒歩5分
    • 【知床】知床岬より見る国後島

      国後島(くなしりとう)は、北海道知床半島の東にあり、
      千島列島(ロシア語地名:クリル諸島 Курильские острова)の最南に位置する島。
      ロシア名はクナシル島(о.Кунашир)、英語表記はKunashir。
      島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からであるが、どちらが本当の由来かははっきりとしていない。
      この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名もロシア語名も国際標記もこれに起源を持つ。
    • 【知床】知床宇登呂 ゴリラ岩

      【所要時間】 車で1時間45分
    • 【知床】知床半島 遊覧船

    • 【知床】東藻琴芝桜公園

      2010年に施設がリニューアルされ、高台のバリアフリーの新展望台や東屋から芝桜が一望できるようになった。
      その高台までは、園内遊覧車(有料)が走る。
      満開になると、10万平方メートルに及ぶ広大な斜面は、まるでビロードの絨毯を敷きつめたように、美しく彩られます。
      毎年5月の第二日曜日から6月まで、「ノンキーランド芝桜まつり」も開催されるなど、イベントも華やかです。
      このほか、1周820メートルのゴーカートや丸太遊具、ニジマスが泳ぐ釣堀池、さらにはバンガローを完備したキャンプ場などもあり、ファミリーで楽しめるスポットとなっている。

      【交通のご案内】
      JR網走駅下車、網走駅より網走交通バスで約50分
      大空町東藻琴下車、タクシーで約5~6分
    • 【知床】知床オーロラファンタジー 知床国立公園

      昭和33年に知床夜空に現れた本物のオーロラの感動を再現したいという想いから生まれた、ダイナミックな音響とレーザーが織りなす幻想空間。
      オホーツクの海を埋め尽くす流氷と厳しい寒さを思いきり楽しもうという知床の冬のイベント。
      氷点下10度以下になる極寒の地で美しい幻想的な光の世界が広がる。

      【会場のご案内】
      会場/斜里町 ウトロ温泉 オロンコ岩特設会場「流氷自然公園」
      期間/2月初旬〜3月下旬
      時間/午後8時から20分間
    • 【知床】ドライブルート

      網走の国道39号線の道の駅「メルヘンの丘めまんべつ」の南から道道246号線に入り、広域農道を通って鱒浦駅南に抜ける道、通称「感動の径」は、特別な観光地ではないけれど網走市内を巡る周遊コース。
      このコースは女満別から知床を抜けるのに、網走市街をショートカットするコースでもあり、観光バスの多くはこの感動の径を走る。
      「感動の径」は西に網走湖、東にオホーツク海や知床連山を見ながら走るので、非常に眺めの良い。
      周囲は広大な田園風景が広がり、四季折々の色鮮やかな稔りが楽しめる。
      道の途中にはビューポイントも用意されており、網走市街に用がないのであれば景色が良い「感動の径」のドライブをおすすめする。
  • 【阿寒】

    • 【阿寒】摩周湖国立公園(冬)

      【所要時間】 車で1時間20分
    • 【阿寒】摩周湖(夏) 阿寒国立公園

      【所要時間】 車で約1時間
    • 【阿寒】硫黄山 阿寒国立公園

      【所要時間】 車で1時間
  • 【大雪】

    • 【大雪】大雪山国立公園 層雲峡銀河の滝

      【所要時間】 車で約2.5時間
    • 【大雪】層雲峡 大雪山国立公園

      【所要時間】 車で約2.5時間
  • 【網走】

    • 【網走】サイクリングロード

      旧国鉄の勇網線跡地の網走市から北見市常呂町までの約37.3kmは、平成8年にサイクリングロードとして生まれ変わり「オホーツクサイクリングロード」となった。
      オホーツク海に沿ってのびる一本道は潮風を肌で感じながら駆け抜けると爽快な気持ちになる。
      途中、鉄道記念館やサイクルパークなどもあり休憩しながらのんびりとサイクリングを楽しむことができる。
      また、毎年「インターナショナルオホーツクサイクリング」という大会が行われたり、サイクリングを楽しむツアーが組まれたりなどサイクリング初心者から大会出場者まで幅広い層に人気のあるサイクリングロード。
    • 【網走】網走港 秋シャケ釣り

      【所要時間】 車で10分
    • 【網走】まごろしの淡水魚イトウ 水の水族館

      【所要時間】 車で1時間30分
    • 【網走】網走川をそ上する秋サケ

      【所要時間】 車で5分
    • 【網走】網走湖の冬のワカサギ釣り

      【所要時間】 車で5分
    • 【網走】2月の流氷船 網走港

      【所要時間】 車で10分
    • 【網走】オオワシ、オジロワシ撮影

    • 【網走】ホーツク海を走るJR釧網線

    • 【網走】秋のサンゴ草 能取湖

      【所要時間】 車で15分